巻き爪の原因は様々ありますが、その一つに「爪の切り方」があります。

「爪が伸びると痛いから…」と短く切ってしまう方。
「爪の角が当たるのが怖くて短く切れない…」と言って、伸ばし続けている方。

深爪は、爪が皮膚に食い込んでしまうだけでなく、
爪全体に負担がかかり、変形の原因になってしまいます。
だからといって、爪が長すぎても爪に負担をかけてしまい、これも爪に良い状態とは言えません。

足の爪は、指の先端より少し短めの長さ(手の爪と同じか少し短め)で
横に真っ直ぐ切り落とす「スクエアカット」が足の爪の正しい切り方とされています。

角は切らず、端から少しずつ横に一直線に切り、やすりなどで角を丸めます。

入浴後は爪も柔らかく、清潔な状態なので爪切りのベストなタイミングです。
ケア後は、保湿クリームなどで爪を保護してあげると、丈夫で健康な爪を保つことができます。

足の爪が変形してしていたり、痛みがあったりすると、
足(指)に重心をかけられなくなり、足裏のバランスが崩れてしまいます。
足裏のバランスが崩れると、歩き方や姿勢も乱れて、体にゆがみをもたらしてしまいます。

さらに、このゆがみは、ひざ、腰、肩、首などの痛みに発展してしまい
体全体に悪影響を及ぼしてしまいます。

たかが「爪」とは思わず、きちんとケアすることを心がけてくださいね。


The following two tabs change content below.
森 友美(もり ともみ)

森 友美(もり ともみ)

「川崎・蒲田巻き爪矯正センター」巻き爪矯正主任。「巻き爪」と一言で言っても、症状・形状は千差万別ですが、同じ痛みを分かち合える者として、お力になれるよう最善を尽くします。今、現に痛みを感じている方、今は落ち着いているもののあの痛みを二度と味わいたくない方、ご家族の巻き爪を何とかしたいとお考えの方、お気軽にお問い合わせください!

※爪の硬さや変形の度合いにより個人差があります。
※あくまでも個人の感想で、効果を保証するものではありません。

川崎・鶴見巻き爪矯正センターの施術の特徴

巻き爪の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな治療なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
川崎・鶴見巻き爪矯正センターは、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や治療方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 044-222-5132 受付:9:00~16:00(時間外は応相談)
休み:日曜日・祝日
住所:神奈川県川崎市川崎区旭町2-24-3
   (旭町商店街内)(駐車場完備)
最寄駅:京急大師線 鈴木町駅徒歩5分
    (京急川崎から2駅)
地図・行き方